<< 明日の野菜たち。と 喜心のごは... 明日の野菜たち。次回のごはん会。 >>

「マクロビオティック薬膳研究会」第2回

2009/4/11(土)
「マクロビオティック薬膳研究会」季節の養生コース 春期 第二回めに、行ってまいりました!
f0168084_1559118.jpg

今回は前回にも増し美味しく!勉強に!!なりました。
テーマは、
〈脾・腎・肝の働きについて〉
春の上に向かって伸びる時期に、です。
脾と腎を守り補う(穀物・胡桃・栗・豆・芋)、肝のめぐりを良くする(筍・蕗・若ごぼう・香りのもの!)、肝の働き過ぎの亢進を抑える(シジミ)・・という目的のもと献立て下さったお料理です。

○梅きび御飯 蕗味噌添え
○春野菜の基本の味噌汁
○蕗と浅蜊の香り煮
○筍とアラメの炊き合わせ
○ひよこ豆餡の桜餅とよもぎ餅 関東風

始めてこんな美味しい蕗味噌をいただきました。作り方しっかり覚えました。

浅蜊は全体量の20分の1程の量の動物性蛋白質は完全消化さえ出来れば生命力の補充の助けになる!と言う事であえて献立に入れて下さっています。
薬膳で言う、肝の働きの亢進を抑える力に富んでいるそうです。

筍とアラメの炊き合わせは、長く炊き、煮きるレシピ。若竹煮とちがってコクのあるおいしさ。
筍が出回って来たら繰り返し作りたいお惣菜です。おまけに肝の巡りを良くする助けをしてくれます。

ひよこ豆餡の桜餅とよもぎ餅、これも絶妙でした。

先生のご好意に甘え、このお餅や筍とアラメの炊き合わせなどもまた喜心のごはん会でご紹介させていただきたいと思っています。


今回の食材の中で特に覚えておきたい重要なその力のこと。

※梅干しの力→体に入れたものをとどめておく力。胃腸を元気にする力。
※じゃが芋・キャベツ・玉ねぎ→脾を元気にする。既摂取の乳製品の老廃を分解する助け。
 早速次回の喜心のごはん会のお味噌汁ではこの説明を!
※筍→肝の巡りを良くする原動力を作れる。巡り良くするのは香りのものも有効。
※よもぎ→体を温める。浄化の力。

☆ ☆ ☆

続いて、
「オプション料理講義」
f0168084_1605734.jpgf0168084_160697.jpg

○玄米粉のクリームスープ
○炒り大豆と黒豆、ひじきの五目煮
○切り干し大根、黒キクラゲ、高野豆腐の炊き合わせ

五目煮は炒った豆の出汁がひじきによく染み、素晴らしい風味でした。
今回のオプション料理講義では、炒り玄米粉・炒り大豆の徹底実習をしてもらいました。
しっかりマスターできたと思いますので、早速ごはん会でもこれらも皆様と作ってみたいと思っています。

今回の食材の中で特に覚えておきたい重要な力のこと。

※穀物・豆・芋・野菜→生命の補充に有効な食品。
※切り干し大根→血液浄化
※黒キクラゲ→血液浄化 + 造血作用
※凍り豆腐→造血作用
※とうもろこし→「健脾利水」

f0168084_1604378.jpg余談になりますが、面白い現象が起きました。
左部分のピカピカ光った黒豆はテフロン加工のフライパンで炒った黒豆。
他の右部分のは鉄のフライパンで炒った黒豆。
写真でしかお伝え出来ないのが残念な程味の差、激しかったです。
鉄のフライパンの方は甘くて美味しくて☆テフロンの方はそれに比べると情けなくなるほど無味・・。
良い食材を使っても、調理器具から受ける影響もやはり大きいものですね。
ずっとステンレスの鍋で料理していた「しぐれ味噌」などの常備菜を土鍋のマスタークックに切り替え炊き始めた時にも味や香りの差に愕然とした事を思い出します。
今回並べて比較出来たので差がよく分り、明らかな結果が体験出来とても良かったです。

今回もみっちり!濃い内容の講義、実習をほんとうにありがとうございました。
[PR]
by kishin-yk | 2009-04-13 19:00 | お勉強・研究 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://kishin.exblog.jp/tb/10792677
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by kanath at 2009-04-14 10:45
梅干しに筍にヨモギ、凍り豆腐,私も摂らないと行けないものたくさんですね、、、。

 そろそろ夏バテ&低血糖の恐ろしい時期がやってきました、、、
 今回も,大事な事私もノートにうつさせて頂きました。

 yukariさんの驚きや喜びが伝わって来て,本当に素敵な記事です
Commented by kishin-yk at 2009-04-15 21:33
kanathさん、
夏バテ、低血糖のひとなんでしたよね。。
う〜ん、夏が好きな私には「大丈夫、大丈夫!こういうの食べて♪」と思ってしまいますが、夏に弱い方には大変な事なのでしょうね。
でも疲れたとき,今年の夏は喜心に休息に来てくださいね☆

研究会に行けることは本当に私にとって嬉しい事!なんです。kanathさん、優しいお言葉ありがとうございます。
<< 明日の野菜たち。と 喜心のごは... 明日の野菜たち。次回のごはん会。 >>