<< 色んな事してました。(その1・... 明日の野菜たち。 >>

「マクロビオティック薬膳研究会」第4回

少し前の記録になりますm(__)m
2009/6/13(土)
「マクロビオティック薬膳研究会」季節の養生コース 春期 第4回めに行ってまいりました。
f0168084_17122752.jpg
テーマは「気」と「熱」の巡りを邪魔するもの。。です。

脾、胃腸機能を健やかにし、
体内の湿気を尿や汗等で利水し、
体内で物質化してしまったような物質を取る、
そんなお料理です。

○黒胡麻とろろごはん
○炒り玄米と大根、わかめのスープ
○トウモロコシと空豆豆腐、生姜おろし
○小豆かぼちゃ
○切り干し大根、三度豆、ふのりの酢の物 大蒜風味

まさに今!の梅雨時になんだか
「血がドロドロしているような、」
「体の中に水蒸気の様な嫌な湿気が貯まっている様な、」
「その水蒸気が終には物質化してヘドロのように血液や気の流れを滞らせているような」
・・・そんな嫌な感じのするような今に、
食べると良いごはんなのです。
すばらしい!

「黒胡麻とろろごはん」はめちゃ美味しかったです。
三年長芋と言って文字通り三年かけて育ったシャパシャパしていない長芋、ねっとりしっかりした長芋をご用意いただきました。
これは腎の働きを補う力があり、胃腸が弱く虚弱な体質の人に向く食物です。
ただ体質により食べ過ぎると水分の代謝が悪くなったりお腹が張る可能性もあるので注意。
*そのために気を動かす働きをする「三つ葉」を+してくれてあります。
 必ずプラスしてくださいとの事。
素晴らしいな、と思いました。
この黒胡麻入りの長いものとろろには、本当に三つ葉の風味が絶妙に効くのです!
そうして美味しいと感じるものは、体によい作用をしてくれるのですね。
感動です。

そして「トウモロコシと空豆豆腐」が本当に大好きでした〜!!
こんなに美味しくして、
脾を健やかにし体から余分な湿(=浮腫みの材料)を払うことが出来る!
また添えの生姜とお醤油がベストマッチなこと!
こりゃ本当にしあわせでございましたm(__)m
[PR]
by kishin-yk | 2009-06-13 17:11 | お勉強・研究 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kishin.exblog.jp/tb/11379661
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 色んな事してました。(その1・... 明日の野菜たち。 >>