<< ウパシクマライブ in 河崎蔵... 明日の野菜たち。 >>

マクロビオティック薬膳研究会第6回

2009/9/19(土)
「マクロビオティック薬膳研究会」季節の養生コース 春期 第6回めに行ってまいりました。

とうとう季節の養生コースの最終回。次回からは「五臓の養生コース」へ進ませていただきます。

今回のテーマは「夏の疲れを癒して秋への準備」です。
汗(それにともなって気)がたくさん出てしまった夏。への体液を補うお料理の数々ですm(__)m。

ジャ〜ン!
f0168084_22402540.jpg
あぁ。。
しあわせの美味しさでございました。

○鮭・黒豆・きゅうりのバラ寿司(ありがとうございましたm(__)mわたしのは鮭拭きです。)
 全部美味しかったけど、これ!い〜〜ちばん!美味しかったです。
 炒り黒豆の入ったちらし寿司。
 しかも、砂糖と酢で甘ったるく味つけた酢飯ではなく。
 
 しあわせでした。
 こんなに美味しいのにきちんと効用もあるのです、気を補いながら体液を補う。。そんなお料理です。
 是非!!ごはん会の皆様と一緒に作ってたべたい!ですm(__)m

○甘い野菜のスープ
 お寿司の右手に位置するクリアスープ。
 クシマクロビオティックでは超有名なスープです。
 胃腸・膵臓機能の回復が期待できます。
 全く塩を使わず、体に貯まった古塩を排出する助けにもなると教わりました。
 昨年、小豆島での松本光司先生のお料理教室で偶然善甫先生に再開し、そのときに私の体質にきっと合うよ!と教えていただき、実行しました。
 私は古塩が残って自分で思っているより陽性に体が変化してきていて、それらが支障をきたしていた部分があったようでした。
 このスープは私の今の体質によく合います。

○ひじきこんにゃく
 血管系のトラブル、動脈硬化などに良く、その効果を高める調理法を細かく教わりました。
 そしてこのひじきこんにゃくは、パン、チョコレートを食べ過ぎているな・・という方にも向いているそうです。
 朗報ですよね(笑)

○冬瓜の水晶煮 厚揚げと紅葉人参
 冬瓜!どうも私、大好きだと思っていたら、利尿しながら津液を作ってくれる♪そんなお野菜だったのだそうな♪
 まさに私向きです。
 美味しいし、せっせと食べたいと思います。
 これもさらにその力を増強させるコツが少しずつありました。
 
○かぼちゃムース
 甘さと酸っぱさが調和した、とっても美味しいしあわせおやつでした。

ほっこり、しあわせな美味しさって、たべるひとの体に合っている、必要なお料理なんだな〜。。と、にんまりしながら納得・納得、しあわせ・しあわせの私でしたm(__)m
善甫先生今回も本当にありがとうございました。

* * *

午後は、このコースの最終日ということで記念講義。
お題は、
『アルプスの少女ハイジで学ぶ身土不二パワー』☆☆
めちゃ面白くて、マニアック(?笑)な善甫先生ワールド堪能させていただきました。

おかげで、すごく頭に入りましたよ♪
[PR]
by kishin-yk | 2009-09-25 23:14 | お勉強・研究 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kishin.exblog.jp/tb/12004687
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< ウパシクマライブ in 河崎蔵... 明日の野菜たち。 >>