<< 柿・水菜・凍り豆腐の黒胡麻ソー... 木村秋則さんのりんごの『アップ... >>

「マクロビオティック薬膳研究会」体質別養生コース・テーマ『血虚』

2010/11/20(土)
「マクロビオティック薬膳研究会」体質別養生コース・テーマ『血虚』に行ってまいりました。
f0168084_20492939.jpg
今日はとにかく血を作ってくれるお料理です。
薬膳で「血虚」といいます。
そうなる理由は多々あり、
1・産まれた時からの(前から)体質→先天の精の不足であったり、
2・飲食の不適切から→水穀の精微の不足であったり、
3・慢性病などによる血の消耗や生成不足であったり、
4・過労、睡眠不足であったり、
5・感情、精神的な素因〜→水穀の精微の不足であったり
しています。

そこで、養血してくれる食物!気を補してくれる食物!(気によって血が生じるため適度にプラス)
を使い組み合わせたお料理の数々です。

大切なのは、「甘味」と「しおからい味」を組み合わせ、血を留まらせる為の「酸味」で留まらせ、それらを分解し造血するための「辛味」を使用する、という法則。

毎回興味深く為になるお話を聞かせていただけ、ほんと!有り難い教室でございますm(__)m

献立の内容は、

○参鶏湯風のおかゆ
○大地の養血煮
○小松菜・蓮根・金針菜の黒胡麻和え
○小豆レーズン黒胡麻のお菓子

でした。

実は私は血虚のコースは2度目の受講です。
前回の参鶏湯同様今回もお持ち帰りのため、自分のお弁当箱にもう入れてもらってあります。(上写真)家で待つ家族へのお土産として頂いて帰りました。f0168084_20503732.jpg

写真は、参鶏湯に入れた薬膳食材たち。

・クコ子
・当帰
・紅棗
・朝鮮人参

身体を温めてくれ、気を動かしてくれるものが中心です。



今回の私の一番のヒットは「小松菜・蓮根・金針菜の黒胡麻和え」でした。
これ!ボールにいっぱい食べたかったです。
さらにこれに私は柿をプラスしたい♪と先生に申し出ましたところ、アルコール摂取による肝の疲れなどの排出を身体が欲しているのでは??、という的確なアドバイスを頂戴しました。
はは〜。
ボージョレー・・・かな??

それは さておき、
金針菜は、精神不安の解消や、その鉄分の多さから血を補う力もあるたいへんよい食材であると教わりました。
今後の喜心の定食にも、そしてごはん会でも活用させていただきたい!!と思っています。

「大地の養血煮」は最後にすりおろした生姜もキチンと入れ!、
ふんだんに使った養血食材を活かし「甘味」と「しおからい味」を組み合わせ、血を留まらせる為の「酸味」で留まらせ、それらを分解し造血するための「辛味」を使用するという法則に従ったお料理でした。
ぐっと身体に血がみなぎった感じシマシタ。

マクロ薬膳の教室に通わせてもらう様になってから、自分の薬味辛味の使い方が何だか良くなった気がしてとても喜んでいます。


今年の最後の教室でした。
来年もとっても楽しみです。
善甫先生、一年間ありがとうございました。
                 愛を込め、☆☆☆
[PR]
by kishin-yk | 2010-11-20 21:33 | お勉強・研究 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://kishin.exblog.jp/tb/15016505
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Po子 at 2010-11-22 14:50 x
こちらこそ、毎月、遠方よりのご参加ありがとうございます♪
来年は研究会での喜心さん登場も確実に増えてまいりますので
ご協力お願い申し上げますヾ(@^▽^@)ノ
Commented by kishin-yk at 2010-11-22 21:51
Po子先生♡♪
わ〜い\(^o^)/書き込みありがとうございます!
体質別養生コースの午後からの薬膳立法とか、他にもクシマクロ・陰陽などの特別教室等、本当に私たちの事を考えてくださった授業の構成を企ててくださる事にも大変感謝しています。
Po子先生とのご縁に感謝するばかり。
体力の続く限り追っかけて参りますので、今後ともどうぞよろしくお願いします〜!!!
<< 柿・水菜・凍り豆腐の黒胡麻ソー... 木村秋則さんのりんごの『アップ... >>