<< 茄子の生姜醤油。かぶや玉ねぎや... 明日の野菜たち。 >>

福島県飯舘村から避難中の村上真平さんに聞く

f0168084_18225230.jpg
福島県飯舘村で、マクロビオティック料理レストラン、民宿、自然農園の「なな色の空」を営んでみえた村上真平さんは、現在ご家族で三重県伊賀市に避難してみえます。

その村上さんが松阪の「雑穀菜食はなうた」と、「こぴすくらぶ」にて、語ってくださいます。


「自然と共にあった福島県飯館村の生活…原発事故が奪ったもの」

福島と三重、語る側と聞く側
いまここに境界線はない。
私たちは同じ舟に乗っている。
日本という舟、地球と言う舟。
この舟で何処に辿り着きますか?

日時 6月21日(火)
11:00〜12:30 こびすくらぶ(0598-42-8135)
19:00〜20:30 はなうた(0598-56-6581)
参加費 800円(飲物代込み)
★要予約


・…・・…・・…・

村上真平(むらかみ しんぺい)さんについて

1959年、福島県田村市生まれ。
70年から有機農業を始めた農家の後継者であったが、82年、インドに渡りガンジー・アシュラムに1年間滞在したのをきっかけに海外協力の道に入る。
85年からはバングラデシュに5年間、民間海外協力団体(NGO)を通して自然農業の普及と持続可能な農村開発の活動に関わる。2002年日本に帰国し、福島県飯舘村に入植「自然を収奪しない農の在り方と、第三世界の人々を搾取しない生活の在り方」を探求するために、自然農業、自給自足をベースにした生活をはじめる。
現在は福島第一原子力発電所の事故で伊賀市に避難している。

・…・・…・・…・
[PR]
by kishin-yk | 2011-06-09 20:42 | 情報 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kishin.exblog.jp/tb/16104008
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 茄子の生姜醤油。かぶや玉ねぎや... 明日の野菜たち。 >>