<< 明日の野菜たち。/今日のごはん会。 アマランサスソースじゃが芋のオ... >>

「マクロビオティック薬膳研究会」症例研究会『不妊』

2012/5/12(土)
本日「マクロビオティック薬膳研究会」症例研究会・テーマ『不妊』に行ってまいりました。
f0168084_003222.jpg
中医学では、どのような病理でも同様ですが不妊の場合も原因を卵巣・子宮だけに限定せず体全体のバランスをみます。子宮内膜=赤ちゃんを育む苗床、のようなものと考え適度な水分と肥料が必要と考えます。
血(オ血)、暖かさ、水分量他、めぐりの良さなども良質な苗床とは関係が深くなります。
様々な不妊の原因、病機について学びました。
先天的なもの、到底食べ物のアプローチでは不可能だというもの、漢方薬が効果的というものも多々あり、やはり信頼出来る東洋医学の専門医による診断は、症状が深刻であれば有る程不可欠だと思います。
「周期調理法」という基礎体温表を参考にした月経周期のそれぞれの周期に合わせ漢方薬を飲み分け、体を整え妊娠しやすい母体を作る方法もあるそうです。
しかしそういった専門的な指導の下、もちろん日常的に気をつけた方がよい食事方法もあります。

食事法として、内臓を暖め、血を造るとか、血をきれいにしたり、子宮をきれいにしたるすると言われる食材、調理法を教えてもらいました。

お料理の献立は、
○八珍湯と葱の味噌汁
○養血漆黒ペースト
○ひよこ豆のカレースナック
○子持ちあらめ風人参サラダ
でした。
f0168084_0235288.jpg
「子持ちあらめ風人参サラダ」忘れられない程大好きです。これ、本当に美味しかったです。
子宮をクレンジングする、鉄分・カルシウムを補う、血を造る、消化し難い食材の分解を助ける、食べやすくする、血を増やす、分解する時間を稼ぐために留める力を発揮する、そんな食材の組み合わせでありながら、絶妙のテイストです。、と言うより組み合わせが良いからやはり味が絶妙になるのでしょうね。
そう思いそう話ながらいただきました。

作り貯め、する事が出来、妊娠したい女性がお手軽に食べ続けられるようにと考えてくださった「ひよこ豆のカレースナック」も美味しかったです!
これ、じゃが芋もブラスして、スナックにせずに煮物でも食べてみたいなぁ〜。。と思ってしまいました。今度定食に作らせてくださいませm(__)m善甫先生っ☆


今回も本当に本当に美味しいお料理の数々ありがとうございましたm(__)m
[PR]
by kishin-yk | 2012-05-15 00:34 | お勉強・研究 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kishin.exblog.jp/tb/17541124
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 明日の野菜たち。/今日のごはん会。 アマランサスソースじゃが芋のオ... >>