<< 明日の野菜たち。/発芽玄米パン... 豆腐の手作りがんも定食。 >>

「マクロビオティック薬膳研究会」症例研究会『肝胆疾患』

2013年3月9日(土) 「マクロビオティック薬膳研究会」症例研究会・テーマ『肝胆疾患』に行ってまいりました。
2009年の3月からお世話になり出し早くも4年が経っていました。

この回が私の最終授業となりました。
f0168084_153530.jpg
肝気は疎泄を主って気機の調節&情志の調節を行う。。で始まった肝のおはなし。
五行で学んだ通り、目、筋、血、怒との強いつながりをよくよく噛み締めて聞かせていただきました。
分類の中のひとつでは、怒り、ねたみ、我慢などの感情が原因で肝の疾患につながる事を学びました。
また同じく分類の中のひとつで、油・甘味・酒の多食が原因の肝の疾患についても学びました。
その他、体質や老化や栄養失調が原因にもなるとの事。
そして大腸と関係が深いという事も。

どれも気になる、興味深いつながりをもったお話で、気をつけよ〜〜…、と言う事多々有りました。

・・・・・・・
○人参黒胡麻ごはん
○緑豆とはと麦のキョウオウかぶら汁
○スペアリブと地黄の煮込み〈←写真にありません。私が食べられないため。〉
○マッシュルームと大根のホーランチンマリネ
・・・・・・・

が今回のメニューでした。

どれも大好きでとても美味しかったです。今回の私の一番は「緑豆とはと麦のキョウオウかぶら汁」湿熱除去、利尿、下気の効果を考慮したお料理です。
私に当てはまるし、効果がありました。そしてやはり美味しかった!です。本当に必要なものはいつも美味しく、この美味しいは普通の美味しいとはちょっと違って、乾いて乾ききったたスポンジにすぅーーーっと必要なきれいな水が一瞬で吸い込まれて行く様な、そんな美味しさなんですよね。
心も体も正しく美味しがっています。
f0168084_153097.jpgホーランチンとはパセリのこと。
ビタミンCの豊富なパセリたっぷりのマッシュルームと大根のマリネ。
パセリもマッシュルームも大根も大好きなのでやはりこれも素晴らしく美味しかったです。
お肉を食べない私のお皿に皆のマッシュルームが少しずつ余分にやって来てくれて、、嬉しかったです。
おかげで満足の上にさらに満足でした。
f0168084_153294.jpg
スペアリブはこれらの漢方薬で土鍋で2時間炊いて先生が作ってくれていました。
お家で厚揚げで作っても効果あると思うよ!と教えていただき皆さんと一緒にこの漢方薬をプレゼントしてもらってきました。
お肉は食べられないけど、厚揚げで作ってみるのがとても楽しみです。
とても良い香りのする漢方薬です。
きっと厚揚げの方が断然美味しいのになぁ〜、とは私の意見。心底そう思えてなりません。


f0168084_153755.jpg今日は終了課程という事で先生がおめでとう、と梅酵素をご馳走してくださり皆で乾杯しました。


たいへん たいへん お世話になりました。
たくさんの事を教えていただき、まだまだ、理解しきれていない事の方が多いと思っています。
特別教室や、未消化の講義で、またお世話になりたいと思っています。


善甫先生お疲れさまでした。
改めて心より有難うございますを伝えさせて下さい。

どうぞまたすぐ会えます様に。
[PR]
by kishin-yk | 2013-03-09 23:42 | お勉強・研究 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kishin.exblog.jp/tb/18748982
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 明日の野菜たち。/発芽玄米パン... 豆腐の手作りがんも定食。 >>