<< 7/16(水)明日のごはん会 Free チベット。あやのさん... >>

幕内秀夫さんの講演会。こぼうの炒り煮。梅味噌トマトサラダそうめん。

以前よりお知らせをさせていただいてます学校給食と子どもの健康を考える会・松阪さん主催の幕内秀夫さん講演会の開催があと1週間後です!

今年も松阪市で開催されます。

大切なお話をとても興味深く、惹き込まれるように聞かせていただけると評判です。
2008/7/20(日)〜じょうぶな子どもをつくる基本食〜に皆様ぜひお出掛けください!
喜心でもチケットお預かりさせていただいてます。

詳しい内容はおむすびの会さんのブログをご覧になって下さい。

☆ ☆ ☆

「ごぼうの炒り煮」をよく作ります。

お料理は、わたしにとっては いつも気分を良くしてもらえる大切で有り難い事柄のひとつなんですが、

この「ごぼうの炒り煮」や「しぐれ味噌」を作る時には特に感動が大きいです。

マスタークックで作るのですが、蓋を開け、鍋の中の様子を一目見るとき・・・、
自分の顔が 思わずにんまりニヤニヤ してしまう衝動はどうしても押さえることが出来ない程です。
f0168084_2062267.jpg

蓋を開けるとこの映像とあの香りがわたしの中に飛び込んでくるのです。
しあわせ。です。

自己満足ですみませんm(__)m。
お詫びにレシピをご紹介します。是非皆様もお試しください。

1・ごぼうを皮を残す様、土だけを落とす様優しく洗う。
  好みに合わせ3〜4センチ程に切り揃える。

2・温めたマスタークックに胡麻油を敷き、ごぼうをよく炒める。
  時間が経ったごぼうほど余計に水分が減っているので時々小さじなどで差し水をしながら、
  甘い香りがしてくるまで結構丁寧(灰汁が旨味に変わるまで)に炒めます。

3・水を計量しながらひたひたになる所まで差します。この時に梅干しを一個入れます。
  (何カップ入れたか覚えておいてください。)

4・沸騰したら弱火で蓋をしてごぼうが柔らかくなるまでごぼうによりますが、30分〜1時間ほど煮ます。

5・3で計量した水1カップに対し大さじ1のお醤油を入れ、さらに煮詰めます。

6・照りが出てきて、水分が無くなって来たら出来上がり。

お醤油のみの味つけと信じられない甘みと、その香り です。

☆ ☆ ☆

そしてあな吉さんの「梅味噌トマトサラダそうめん」
f0168084_20242581.jpg

美味しいです。

もう今年は何度もお世話になっていますm(__)m

あな吉さんのレシピにきゅうりをプラスして作らせてもらっています。
[PR]
by kishin-yk | 2008-07-14 20:32 | イベント | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://kishin.exblog.jp/tb/8621483
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by きりん at 2008-07-15 09:36 x
どちらも写真だけで食欲わいてきますね~♪ ごぼうなんかあの独特の甘い香りが漂ってきそうです(^.^)
Commented by kishin-yk at 2008-07-15 15:57
きりんさん
こんにちは♪きっときりんさんにはあの香り伝わってますよね(^^)
しあわせの香りです♪
<< 7/16(水)明日のごはん会 Free チベット。あやのさん... >>