「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:お勉強・研究( 54 )

大きなお弁当の記録。

先日有り難いご注文を頂戴し18種を詰めたお弁当を作らせて頂く事が出来ました。ここへ記録を残させてください。
f0168084_11555727.jpg

○わかめ辛子醤油・塩麹のせ
○茄子生姜醤油
○もちあわチーズ乗せピザトースト
○大葉醤油スパゲティーニ
○ひじき煮
○インゲン胡麻醤油
○切干大根煮

○蕎麦モロヘイヤ生湯葉巻き
○白胡麻豆腐

○お漬け物三種

○野菜かき揚げ
○じゃが芋オートミールハンバーグ*トマトカシューソース*

○玄米ごはん〈はと麦&小豆入り〉
○分搗き米ごはん〈黒米&赤米&アマランサス入り〉

○玉ねぎ梅酢ドレシング生野菜サラダ

○手作りがんもどき

○デザート*ポンセンクリーム添えのベジケーキ2種
 ・カシュー&ココナツ入り珈琲ケーキ
 ・米粉バナナケーキ

○かぼちゃポタージュ
〈写真はありません。〉



ご注文くださいましたお客様、本当にありがとうございました。
とても嬉しくとても勉強になりました。
[PR]
by kishin-yk | 2013-10-02 12:02 | お勉強・研究 | Trackback | Comments(0)

「マクロビオティック薬膳研究会」症例研究会『肝胆疾患』

2013年3月9日(土) 「マクロビオティック薬膳研究会」症例研究会・テーマ『肝胆疾患』に行ってまいりました。
2009年の3月からお世話になり出し早くも4年が経っていました。

この回が私の最終授業となりました。
f0168084_153530.jpg
肝気は疎泄を主って気機の調節&情志の調節を行う。。で始まった肝のおはなし。
五行で学んだ通り、目、筋、血、怒との強いつながりをよくよく噛み締めて聞かせていただきました。
分類の中のひとつでは、怒り、ねたみ、我慢などの感情が原因で肝の疾患につながる事を学びました。
また同じく分類の中のひとつで、油・甘味・酒の多食が原因の肝の疾患についても学びました。
その他、体質や老化や栄養失調が原因にもなるとの事。
そして大腸と関係が深いという事も。

どれも気になる、興味深いつながりをもったお話で、気をつけよ〜〜…、と言う事多々有りました。

・・・・・・・
○人参黒胡麻ごはん
○緑豆とはと麦のキョウオウかぶら汁
○スペアリブと地黄の煮込み〈←写真にありません。私が食べられないため。〉
○マッシュルームと大根のホーランチンマリネ
・・・・・・・

が今回のメニューでした。

どれも大好きでとても美味しかったです。今回の私の一番は「緑豆とはと麦のキョウオウかぶら汁」湿熱除去、利尿、下気の効果を考慮したお料理です。
私に当てはまるし、効果がありました。そしてやはり美味しかった!です。本当に必要なものはいつも美味しく、この美味しいは普通の美味しいとはちょっと違って、乾いて乾ききったたスポンジにすぅーーーっと必要なきれいな水が一瞬で吸い込まれて行く様な、そんな美味しさなんですよね。
心も体も正しく美味しがっています。
f0168084_153097.jpgホーランチンとはパセリのこと。
ビタミンCの豊富なパセリたっぷりのマッシュルームと大根のマリネ。
パセリもマッシュルームも大根も大好きなのでやはりこれも素晴らしく美味しかったです。
お肉を食べない私のお皿に皆のマッシュルームが少しずつ余分にやって来てくれて、、嬉しかったです。
おかげで満足の上にさらに満足でした。
f0168084_153294.jpg
スペアリブはこれらの漢方薬で土鍋で2時間炊いて先生が作ってくれていました。
お家で厚揚げで作っても効果あると思うよ!と教えていただき皆さんと一緒にこの漢方薬をプレゼントしてもらってきました。
お肉は食べられないけど、厚揚げで作ってみるのがとても楽しみです。
とても良い香りのする漢方薬です。
きっと厚揚げの方が断然美味しいのになぁ〜、とは私の意見。心底そう思えてなりません。


f0168084_153755.jpg今日は終了課程という事で先生がおめでとう、と梅酵素をご馳走してくださり皆で乾杯しました。


たいへん たいへん お世話になりました。
たくさんの事を教えていただき、まだまだ、理解しきれていない事の方が多いと思っています。
特別教室や、未消化の講義で、またお世話になりたいと思っています。


善甫先生お疲れさまでした。
改めて心より有難うございますを伝えさせて下さい。

どうぞまたすぐ会えます様に。
[PR]
by kishin-yk | 2013-03-09 23:42 | お勉強・研究 | Trackback | Comments(0)

本格カレーの会。

2012年12月12日(水)マクロビオティック薬膳研究会にてのイベント教室
f0168084_16515394.jpg
『アーユルベーダカレーの会』に参加して参りました。

○キチャディ
○大根とトマトのカレー
○ほうれん草カレー
○パコラ
○人参のヨーグルトサラダ
○ジンジャーチャイ

どれも本格的に作るのが始めてのものばかり。
各スパイスの特徴や効能、使い方まで教わりとても興味深かったです。
こちらもとても奥が深そうです。

喜心の定食とごはん会に活用させていただきつつ、新しい事柄に馴染んでゆきたいです。
楽しく有意義な会に感謝です。
善甫先生、木下先生有難うございました。



f0168084_16515110.jpgちなみに私のカレー。
動物性使用のカレーをなくして、法蓮草カレーを大盛りに。
いつもお心遣いいただき重ねて感謝です。
[PR]
by kishin-yk | 2012-12-13 17:24 | お勉強・研究 | Trackback | Comments(0)

「マクロビオティック薬膳研究会」症例研究会『慢性疲労』

2012年12月8日(土) 「マクロビオティック薬膳研究会」症例研究会・テーマ『慢性疲労』に行ってまいりました。
f0168084_15365486.jpg
まず〈肉体的疲労〉はどの局所の肉体疲労がどの臓器に影響を与えると言われているかを陰陽五行に従って学びました。
〈精神的疲労〉については臓器の弱りや不安感等からくるストレスが続くことで様々な症状が出る、その流れと症状について聞かせていただきました。
〈精神的疲労〉〈肉体的疲労〉どちらも基本的な原因はやはり気血や陰陽の不足から、と言う事ですが、その症状のタイプを4つに分類してそれぞれのメカニズム、症状の特徴、食治原則、一般に使用した方が良い食材などの説明を聞きました。
慢性疲労に対する「酵素」の重要性についても教えていただきました。
酵素とアミノ酸、補酵素、食物繊維、などとの関係について。
酵素をより消費し減らせてしまう原因となる食生活や普段の生活習慣について。意外なこと、なるほど、それは気をつけよう、と思う事がありとても興味深かったです。
お料理の献立は、

○汲み上げ湯葉クリームリゾット
○蓮根ととり団子と韮スープ
○マルチミネラル&ビタミンサラダ
○長芋のホットプディング

でした。
動物性食品が少し入ったスープはパスさせていただき、その分プディングを2個いただきました。
やはりどれも美味しかったですが、今回の私の個人的な1番はリゾットでした。
サラダも感心する事が多く、味もおいしくて大満足。
プディングも大好きなお味と食感でした。

ぜひ、喜心の定食に、ごはん会に活用させて頂きたい♪と嬉しく学んで参りました。
善甫先生いつも本当にたくさんの素晴らしいお料理を教えていただき有難うございます。



最後に *大切なことを付け加えさせて下さい。

日頃の食事に気をつけて健康を保つ様に健やかに暮らせるよう過ごすことは大切なことですが、
重篤なご病気であったり、また風邪であれ、病気というものになったときは素人の勝手な判断からの処方は大変危険です。
例えば「便秘」ひとつとっても、成った原因、家系的な遺伝、その経過、その個人の生活状況等々様々な要因や経過が密接に関わり、十人十色の個々に合った治し方というものがあります。
私も毎回そうしていますが、資格をお持ちの信頼出来る専門医にかかる事がまず一番大切です。
ご病気のご心配をお声掛けくださるお客様には、このように説明させていただき、私がいつも助けていただいている治療院をご紹介させていただいております。
とても大切な事だと思っています。
[PR]
by kishin-yk | 2012-12-09 17:30 | お勉強・研究 | Trackback | Comments(0)

「マクロビオティック薬膳研究会」症例研究会『感冒』

本日 「マクロビオティック薬膳研究会」症例研究会・テーマ『感冒』に行ってまいりました。
f0168084_0111865.jpg
外からの邪気が皮膚、毛穴を通し、肺や脾胃に影響を及ぼす。そこから起こる諸症状(鼻の症状、喉の症状、痰、汗、筋肉痛、関節通、頭痛、発熱、悪寒、胃腸の症状)への繋がり、さらには「風寒型」「風熱型」「暑湿型」に分類、それらのメカニズムとそれぞれの症状の特徴、食治療法、よく向く食材について学びました。
ここでも、酵素(消化酵素)、運動(マッサージも含む)、外からの温め(服装と自然療法からの温め)の必要性は重大とのことです。私も痛感!しております。

お食事は、今回も本当に美味しかったです。
発汗がものすごかったです。汗だくになりました。
それでも食べ続けたかったのは、風邪をひきかけていた事と、やはりお味がとても美味しかったからではないかと思います。
本日の献立は

○梨と百合根の蜂蜜スープ
○豆豉・葱白・生姜のスープ
○基本のリブレおじや
○秋野菜のトマト杏仁煮込み

でした。
喉、肺を潤す、発汗させる、内臓を温め熱を長時間持続させる、胃腸の粘膜の弱りに良い、鼻の諸症状に良い、便秘を予防する、などに効果にある食材の組み合わせの献立でした。
マクロビオティックではなかなか秋以降は使わないトマトも薬膳では空咳に良いので使います。
今回私にはリブレがど真ん中に命中(笑)。
午後からの自分で献立を組み立ててみる講義でも、何にでもリブレおじやを組み合わせたくなる始末でした!本当に美味しかったのです。
もちろんトマト杏仁煮込みも美味しかったですし、梨と百合根のスープも、今回もすべて美味しかったです。
そうそう、麻黄湯も美味しかった!これは四種の生薬と度数の強いお酒を組み合わせて善甫先生が1年前に仕込んでおかれたもの。風邪のひき始めに飲まれ、ほかほかして治った経験をお聞きしました。この生薬も分けてもらってきたので早速私も仕込んでいます。

この美味しかったリブレでごはん会に美味しいもの作りたいなぁ〜♪とただいま試作の計画中です。
作って食べてみないと分かりませんが、コレ美味しいといいなぁと期待でワクワクしております。

今日も楽しく美味しく勉強になる充実の時間を過ごさせて頂き有難うございましたm(__)m


*大切なことを付け加えさせて下さい。

日頃の食事に気をつけて健康を保つ様に健やかに暮らせるように楽しんで過ごすことは大切なことですが、
重篤なご病気であったり、また風邪であれ、病気というものになったときは素人の勝手な判断からの処方は大変危険です。
例えば「便秘」ひとつとっても、成った原因、経過、個人の生活状況などが密接に関わり、十人十色の合った治し方というものがあります。
私も毎回そうしていますが、資格をお持ちの信頼出来る専門医にかかる事がまず一番大切です。
ご病気のご心配等をご相談くださるお客様には、そのようにご説明させていただき、私がいつも助けていただいている治療院をご紹介させていただいたりしております。
これはとても大切な事だと思っております。
[PR]
by kishin-yk | 2012-10-07 01:05 | お勉強・研究 | Trackback | Comments(0)

「マクロビオティック薬膳研究会」症例研究会『痴呆症と脳の老化』/行きと帰り/土用

f0168084_2075051.jpg2012/7/28(土)

出発時。
静かに、静止した宇治山田駅。
夏らしく、
それでいて凛とした空気が詰まった駅の様子。

個人的な好みを申し上げてすみません。
宇治山田駅とても好きなんです。

さてさて、

本日 「マクロビオティック薬膳研究会」症例研究会・テーマ『痴呆症と脳の老化』に行ってまいりました。
f0168084_207391.jpg
脳の自然老化現象。。それは、『活性酸素』による細胞破壊だそうです。
オ血の予防
血管を丈夫にする
過剰なコレステロールを防ぐ
が大切な要点であると教わりました。

脳の老化そのものが原因でなく他臓器の失調から来る派生的病状、脳血管痴呆。前頭葉とストレスの関係。ストレスの意味。ストレスと海馬。ストレスの晴らし方の例。コレステロールの必要性。『補腎』の必要性。ここでもやはり!大事で、とっても有効な予防法『運動』という考え方について。。などなど本日も興味深いお話満載でした。
聞かせて頂き、喜んでいるばかり、美味しいと喜んでいるばかりでなかなか身に付かなくてごめんなさいm(__)mですが・・・(汗。

お料理のメニューは
○栗・胡桃・蓮の実のスープ
○アマランサスと長芋の落とし焼き
○アボガドのフムス風ディップ
○薬膳蒸し羊羹

活性酸素の除去に有力な色の濃い、出来るだけ生の野菜の活用を、というコンセプトから発案くださった「アボガドのフムス風ディップ」ソースの生野菜サラダ。
これが私の今回のベストワンですm(__)m旨かったぁ〜〜☆ 実は今までアボガド好きじゃなかった私ですがあまりの美味しさに好きなのかも??と思う程。いえいえ、これはきっと善甫先生マジック調理法。アボガドはこうして頂きましょう、と思った私です。
落とし焼きもソースとのバランスが絶妙でした。、て言うかソースがとっても好きでした。このソースもまた作りますm(__)m大好きです。
スープ、羊羹も人気でした。

今日も満足。f0168084_2075376.jpg帰りの近鉄電車の車窓からは、こんなにきれいな夕陽を見せていただけました。


* * *

f0168084_2081312.jpgあとね、
二度目の夏の土用を、大好きなベランダで過ごせています。
梅干の土用干しを今年もさせて頂けた事に感謝です。
しかも今年も、大切な野呂さんの無農薬の古木の梅を分けてもらえました。
ひとつひとつがとてもかわいいです。

大切に大切にいただきます。






*大切なことを付け加えさせて下さい。

日頃の食事に気をつけて健康を保つ様に健やかに暮らせるように楽しんで過ごすことは大切なことですが、
重篤なご病気であったり、また風邪であれ、病気というものになったときは素人の勝手な判断からの処方は大変危険です。
例えば「便秘」ひとつとっても、成った原因、経過、個人の生活状況などが密接に関わり、十人十色の合った治し方というものがあります。
私も毎回そうしていますが、信頼出来る専門医にかかる事がまず一番大切だと思うのです。
ご病気のご心配等をご相談くださるお客様には、そのようにご説明させていただき、私がいつも助けていただいている治療院をご紹介させていただいたりしております。
これはとても大切な事だと思っております。
[PR]
by kishin-yk | 2012-07-28 21:07 | お勉強・研究 | Trackback | Comments(0)

「マクロビオティック薬膳研究会」症例研究会『妊娠病』

2012/6/16(土)
「マクロビオティック薬膳研究会」症例研究会・テーマ『妊娠病』に行ってまいりました。
f0168084_17443156.jpg
妊娠病…妊娠期間中に妊娠と関連する疾患を妊娠病と言うそうです。
ちなみに生理中も同じ考えが使えるそうです。
妊娠初期から後期までママと赤ちゃんの変化についてまず学びました。
言い方に語弊が有るかもしれませんが、言ってみれば「障害物」が体内にずっとある感じ。。との解りやすい説明に妙に納得m(__)m
それにより常に「気滞」中。。なのですね。なるほどです。

分解と合成の基礎代謝のバランスが崩れ合成代謝が増加→脂肪蓄積多→要タンパク質摂取
しかし、
消化能力は減少、胃腸の蠕動がゆっくりに。(→ガスが増え便秘に)
胎児の代謝からの老廃物処理が必要になり『腎』への負担増大。→栄養分が尿として排出してしまいやすい。
造血にも影響。
、言う事で、水溶性繊維のある食物(こんにゃく、オートミール←ビタミンも豊富◎)や、乾物の海藻、胡麻、きな粉、アマランサスが食べたい食物となります。
食べない方が良いのはやはり動物性です。
〈悪阻〉〈妊娠腹痛〉〈胎漏・胎動不安〉の症状と食薬も学びました。
そして、産後病の〈産後腹痛〉〈妊娠悪露不絶〉〈欠乳〉の症状と食薬も学びました。

たいへん勉強になりました。
きちんと復習し頭に入れて助産院さんのごはんを作らせて頂く際この事を有効活用させていただきたく思っています。

お料理のメニューは、
○活血化オのいなり寿司〈←☆妊娠中でなく排出中のためのメニュー!〉
○塩麹厚揚げの胡桃くらかけ
○炒り雑穀とワカメ、トマトの下気スープ
○龍眼肉の炭化よもぎ餅

悪阻のときにすっと食べられる、消化が楽、造血効果がある、上がっている熱を下ろす、流産や出血を予防する、などの効果が考えられたメニューです。
黒酢が有効と言う事でした、私はこの黒酢が極度に苦手なため、あまり味が分からなかった所もありましたが今回で一番好きだったのは「炒り雑穀とワカメ、トマトの下気スープ」でした。
そしてよもぎ餅もすごく美味しかったです!!
炭化=こげ、が大好きなわたしに絶妙。。でしたm(__)m
どれも美味しかったですが、いなり寿司が会の皆さんに一番好評でした。

今回も美味しくて素晴らしくお勉強になる時間、有難うございましたm(__)m
[PR]
by kishin-yk | 2012-06-16 17:42 | お勉強・研究 | Trackback | Comments(0)

「マクロビオティック薬膳研究会」症例研究会『不妊』

2012/5/12(土)
本日「マクロビオティック薬膳研究会」症例研究会・テーマ『不妊』に行ってまいりました。
f0168084_003222.jpg
中医学では、どのような病理でも同様ですが不妊の場合も原因を卵巣・子宮だけに限定せず体全体のバランスをみます。子宮内膜=赤ちゃんを育む苗床、のようなものと考え適度な水分と肥料が必要と考えます。
血(オ血)、暖かさ、水分量他、めぐりの良さなども良質な苗床とは関係が深くなります。
様々な不妊の原因、病機について学びました。
先天的なもの、到底食べ物のアプローチでは不可能だというもの、漢方薬が効果的というものも多々あり、やはり信頼出来る東洋医学の専門医による診断は、症状が深刻であれば有る程不可欠だと思います。
「周期調理法」という基礎体温表を参考にした月経周期のそれぞれの周期に合わせ漢方薬を飲み分け、体を整え妊娠しやすい母体を作る方法もあるそうです。
しかしそういった専門的な指導の下、もちろん日常的に気をつけた方がよい食事方法もあります。

食事法として、内臓を暖め、血を造るとか、血をきれいにしたり、子宮をきれいにしたるすると言われる食材、調理法を教えてもらいました。

お料理の献立は、
○八珍湯と葱の味噌汁
○養血漆黒ペースト
○ひよこ豆のカレースナック
○子持ちあらめ風人参サラダ
でした。
f0168084_0235288.jpg
「子持ちあらめ風人参サラダ」忘れられない程大好きです。これ、本当に美味しかったです。
子宮をクレンジングする、鉄分・カルシウムを補う、血を造る、消化し難い食材の分解を助ける、食べやすくする、血を増やす、分解する時間を稼ぐために留める力を発揮する、そんな食材の組み合わせでありながら、絶妙のテイストです。、と言うより組み合わせが良いからやはり味が絶妙になるのでしょうね。
そう思いそう話ながらいただきました。

作り貯め、する事が出来、妊娠したい女性がお手軽に食べ続けられるようにと考えてくださった「ひよこ豆のカレースナック」も美味しかったです!
これ、じゃが芋もブラスして、スナックにせずに煮物でも食べてみたいなぁ〜。。と思ってしまいました。今度定食に作らせてくださいませm(__)m善甫先生っ☆


今回も本当に本当に美味しいお料理の数々ありがとうございましたm(__)m
[PR]
by kishin-yk | 2012-05-15 00:34 | お勉強・研究 | Trackback | Comments(0)

「マクロビオティック薬膳研究会」症例研究会『肥満』

2012/4/7(土)
本日「マクロビオティック薬膳研究会」症例研究会・テーマ『肥満』に行ってまいりました。
f0168084_1535789.jpg
肥満の状態で有る事から、なる確率が高くなる症状として高脂血症・動脈硬化・糖尿病・高血圧・虚血性心疾患・通風・脂肪肝・生理不順・不妊などあるそうです。
男女の差で脂肪の貯まり場所が違い、病理現象が異なる。
それぞれの現象が色々で有る事をさておいても、経由するのは『血管』である。
血管内部に脂肪が貯まることが必然となり、様々な血管の能力が落ち、その結果として最終的に狭心症・心筋梗塞・高血圧などを呼ぶという説明でした。

また、中医学の見方では虚症が原因で余分な実邪(湿・痰・オ血など)を排除出来なく成った状態と見るそうで、運動の出来る体力が無い有るを見極め実邪を動かし捨てられる状態に持っていくと対処法をとるそうです。

肥満に関係するのは遺伝・年齢・飲食習慣・運動量・ストレスなど挙げられ、臓腑では脾・胃・腎などが特に関係している。
胃熱〜飲食不節〜加齢〜房事過多〜運動不足〜気太り 等々、やや気持ちが暗くなる感じのする症状を色々お勉強した後は、気持ちが晴れ晴れとする(いつもの様に(^^))本当に美味しいお料理を頂きました。

○燕麦と長芋粥
○酒醤麹の蒸し鶏(消化促進効果抜群の酒醤麹一夜漬けの鶏ご用意いただきました。→私はテイクアウト)
○独活と蒟蒻の当座和え
○大根スープのズッキーニパスタ with きんぴら
○あらめのサラダ

通便解毒!の「独活と蒟蒻」、通便と胃熱除去!の「ローパスタ」、動物性・脂・コレステロール・乳製品等の分解、クレンジング!の「あらめのパスタ」は、心を清々しくしてくれる素晴らしい食べ物でした。

感謝いっぱい。

この爽快感と味のおいしさ、ぜひともごはん会の皆さんと分かち合いたい。。。
今回のローきんぴらやあらめを使って他にも色々美味しいもの作れそうですよ♡
楽しくて美味しいもの皆で作りたい!!
ベジタリアンに必要なアミノ酸の事も教わりました。

昨日より入念に勉強、実験し始めています。


善甫先生いつも本当に沢山の大切なことをお教え下さり有り難うございます。
[PR]
by kishin-yk | 2012-04-08 17:08 | お勉強・研究 | Trackback | Comments(2)

「マクロビオティック薬膳研究会」症例研究会『更年期症状』

2012/3/10(土)
本日「マクロビオティック薬膳研究会」症例研究会・テーマ『更年期症状』に行ってまいりました。
f0168084_168412.jpg
今回も本当に美味しかったです。
お話も本当に面白く充実でした。

平均的に更年期と呼ばれるのは45歳〜55歳頃との事です。
日常生活に支障をきたすレベルの更年期障害にまで発展させないにはどうすれば良いのかがテーマでした。

腎気や気血の衰退が激しく、巡りが悪い程、更年期は早まり症状も重くなるとの事。
5つの体質別症状に分けて説明してもらいました。
「更年期障害」にまでなると、食べ物で治せる段階ではないので、今のうちにそうなる前に気をつけておきましょう、というお話です。
ではどう気をつけるかなんですが、
とても印象深かったのは
「今のうちに歳とる前からきちんと運動をしておきましょう」というお言葉。
さらには、
「おおらかな、あっけらかんとした方は症状に成り難いんですよね〜」、と。
また、
「お肉など酵素が大量に必要な食べ物を避け、年齢に合わせて小食になってゆく事」。
本当に大切な事です。

・オ血、湿、痰、熱など余分なものを溜め込まない。
・気、血など必要なものを不足させない。
・巡りを悪くさせない。
・骨密度を下げさせない。
ために、運動・気持ちの持ち方・日常の食べ物に気をつけたいっ!!!
様々な恐ろしい症状の進展してゆくお話をまざまざと聞き、心から叫びたくなった私でした。

お料理は、
○黒米と蓮根の養生お焼き
○人参の山葵ソテー
○小松菜とお揚げの低温煮浸し
○豆腐カッテージチーズの精神安定サラダ

今回わたしの一番おいしかったのは、「小松菜とお揚げの低温煮浸し」。
でも「黒米と蓮根の養生お焼き」も同じくらい美味しかったなぁ〜。
「サラダ」ももちろん美味しかったけど、サラダ好きの私がサラダより美味しいと思ったのだから煮浸しとお焼きは本当に本当に美味しかったという事になるのです、私の中で。
私の好みをここで皆さまに説明しても仕方ありませんし、ご迷惑かとも思いますが、好む食べ物から見た現在の私の体調は、カルシウムとマグネシウムを要し、血を造りたがっていて、温まりたがっているのです。
とっても当たっています。
それから先に書いた運動と心の動きについても、いいな〜。そうしたいな〜。と思っています。
ちょうどずっとお世話になっているヨーガの先生から、自分の正直な心の観察についてずっと習ってきているところです。
面白く充実した一日になりました。
食事のことは、ごはん会などでお会い出来る皆さまにお伝え出来るよう精進して自分の中で実験・消化する努力を続けていきますね。

今回もありがとうございました。
[PR]
by kishin-yk | 2012-03-10 16:05 | お勉強・研究 | Trackback | Comments(0)