カテゴリ:お勉強・研究( 54 )

マクロビオティック薬膳研究会体質別養生コース・テーマ『湿証』

2011/2/5(土)
「マクロビオティック薬膳研究会」体質別養生コース・テーマ『湿証』に行ってまいりました。
f0168084_19501519.jpg
○里芋と浅蜊ごはん
○小豆かぼちゃ
○はと麦と白ネギのハンバーグ
○筑前煮
○白菜と芹の海苔ロール 大根おろしソース

が今回の献立です。

『湿証』というのは、様々な形態にて、ほとんどの方に大なり小なり現れている証だそうです。
脾胃に始まり、まずは小腸・大腸にトラブルを呼ぶ津液の代謝異常くん。
『湿』と言うからには、むくみまして、だる〜くなったりもします。
それに伴い、胃のつかえ、痰の発生。
長引きけば、食欲不振、尿が出難くなったり、便秘に。
関節・筋肉に湿がたまれば痛み、腫れ、歩行困難にも。

そして、さらには、どこに症状が出るかによって、食薬が使い分けられる!そうです。
関節・筋肉か、 脾胃にたまるときか、 下痢・浮腫みか。
それらに合わせたお料理が今日のお料理!!です。

例によって浅蜊の入ったごはんは母へのお土産ですが、これには湿気取りのキング昆布がたっぷりの量で入っていました。
化痰力のある里芋と浅蜊、それらの消化を助け温熱(浅蜊が寒だから)を与える生姜、酒も配され、お酒呑みの皆さまに大変好評とのこと。
母の反応が実に楽しみです(笑。

湿証が進みアトピーになるケースも多く、小豆かぼちゃが有効であることも再度教えていただきました。

私個人的には、『白菜と芹の海苔ロール 大根おろしソース』1位!
『はと麦と白ネギのハンバーグ』2位!でした。
舌診では、私には長期に及ぶ睡眠不足が原因となった証があるため、利水効果のある食事が合っているとの事。
ちょうど生理が始まったので軽く熱っぽく、そして体が造血するものを欲し、さらには前々日の外食による普段より多い量の油の摂取及び美味しいワインからの影響による、湿の停滞。。。確かにありました。

昨日のブログで大根おろしの事を書きましたが、今日の講義でドンピシャリでした(笑。
停滞を「生の大根で」押し流したいと私の体が言っていた声が正しかったです。
消食下気の大根おろし様でした。
だから、『白菜と芹の海苔ロール 大根おろしソース』は抜群に美味しかったです。
繊維の白菜、解表の芹、養血の人参・黒胡麻、化痰・清熱利尿・睡眠不足の海苔、そして大根おろし!素晴らしいコミュニケーションで私を癒してくれました♡

はと麦(ヨクイニン)もいつになく美味に感じたのは、清熱排毒、利水参湿効果で胸のつまりを排してくれたのか。
プラス、蓮根の排水力と、特には、最後にプラスされた紫蘇の解表・解熱力も効果大だったようです。

今日の筑前煮の最後に乗せて下さった針生姜もそうです。
そして先程の紫蘇。
こう言った解表類の力は、私等には特に効果が大きく重要な気がしている今日この頃です。
分解が大変な芋類の分解を助け、滋養の効果を実に有効にアップさせてくれ、味もおいしく満足感が出る。
本当に素晴らしい食養法です。

もっともっと私の力になりますように精進したいと今日も強く感じました。
ガンバラネパ☆☆☆



そうそう、
『湿を作りやすい食べ物』
、を 教わりましたよ。

甘いもの、牛乳、冷たいもの、パン、油、ビール、アイスクリーム、果物

等だそうです…(笑。

&もうひとつ、大切なこと!

脾胃や大腸小腸の排泄を助ける重要な力を発揮する『肺』!。
ですが、この肺を活性化させる一番の方法は、
やはり、
まず☆
『運動』!!!
『呼吸』だそうです。

やはり そうですよね。。そうだと思っていましたよ。。

合う食べ物で治るのは三割くらい悪くなってきたくらいの軽い病状くらいまで。。とも今日先生が言ってみえました。

夜になる毎に食べない様にするスタイルであったり、
睡眠時間であったり(22:00〜2:00に内臓を休ませる事の大切さ☆)、
適切な運動であったり、

本当に大切です。
私の睡眠不足はYogaで随分カバーされているのでは?との、いつもの善甫先生の読みでございます。
私ももっと早寝して、夜大食いしないで、毎日Yogaももっと、ちゃんとや〜〜〜ろぉっ♪と。。。っとっとっ。。
[PR]
by kishin-yk | 2011-02-05 21:21 | お勉強・研究 | Trackback | Comments(0)

「マクロビオティック薬膳研究会」体質別養生コース・テーマ『陰虚』/映画「GATE」

2011/1/8(土)
「マクロビオティック薬膳研究会」体質別養生コース・テーマ『陰虚』に行ってまいりました。
f0168084_15242094.jpg
○白胡麻と粟ごはん(+水菜浅漬け)
○キノコとユリネの養老蒸し
○セロリ・黒木耳・蓮根の甘酢マリネ
○黒豆とキャベツの水餃子
○りんごと銀耳のフルーチェ風

が今回の献立です。

『陰虚』の方の特徴は。。
「アンパンマン」のような形相の方だそうです(笑。
で、お年を召した男性に多いタイプだそうで、女性には少ないタイプだそう。
のぼせたり、のどが乾いたり、寝汗が多かったり、そういった方の為の献立になります。

薄味が基本だそうですが、
どれもとっても美味しかったです。
「セロリ・黒木耳・蓮根の甘酢マリネ」が私のベスト☆
なんと!肝に熱があって、イライラしている人に向くお料理との説明でした。
…実はわたし、そうなのでしょうか??
正月ぼけで気づいてないのかしら?
養老蒸しと、黒豆の水餃子も、とってもしあわせなお味でした。
そして、なんと、今回は「あけましておめでとうございます。」との事で「まだ、幕の内ですので、おとそを。」などと言っていただき右の端、甘酢マリネの下にあるおちょこにて、美味しい日本酒もいただいてきました。

めちゃ美味しいお酒でしたm(__)m

善甫先生、研究会員の皆さま、本年もどうぞよろしくお願いします。

* * *

帰りに近鉄電車を途中下車し、津市に寄りました。
映画「GATE」を観るためです。

それは、負の連鎖を絶ち永遠に眠らせるために、広島の原爆投下から採取した原爆の火をグラウンド・ゼロ(爆心地)にその火を戻す、という実際に行われたお話の、映画でした。

これを観た方は様々なことを感じることが出来ると思いました。

わたしは、その時、
これから自分の言葉でいつも丁寧に心からの言葉で話すこと、をし続けたいと心に誓いました。

どんな時、どんな相手に対しても。

疲れていたり、悲しいときでも。
とても小さな赤ちゃんにでも、とても偉い方にでも。

本当にそれが出来れば戦争という悲しい事が起こらず、皆が繋がって慈しみ合えるのでは。
そう思わせてくれた映画でした。

皆さまも ぜひ、とお勧めさせていただきたい映画でした。
[PR]
by kishin-yk | 2011-01-08 22:33 | お勉強・研究 | Trackback | Comments(2)

「マクロビオティック薬膳研究会」体質別養生コース・テーマ『血虚』

2010/11/20(土)
「マクロビオティック薬膳研究会」体質別養生コース・テーマ『血虚』に行ってまいりました。
f0168084_20492939.jpg
今日はとにかく血を作ってくれるお料理です。
薬膳で「血虚」といいます。
そうなる理由は多々あり、
1・産まれた時からの(前から)体質→先天の精の不足であったり、
2・飲食の不適切から→水穀の精微の不足であったり、
3・慢性病などによる血の消耗や生成不足であったり、
4・過労、睡眠不足であったり、
5・感情、精神的な素因〜→水穀の精微の不足であったり
しています。

そこで、養血してくれる食物!気を補してくれる食物!(気によって血が生じるため適度にプラス)
を使い組み合わせたお料理の数々です。

大切なのは、「甘味」と「しおからい味」を組み合わせ、血を留まらせる為の「酸味」で留まらせ、それらを分解し造血するための「辛味」を使用する、という法則。

毎回興味深く為になるお話を聞かせていただけ、ほんと!有り難い教室でございますm(__)m

献立の内容は、

○参鶏湯風のおかゆ
○大地の養血煮
○小松菜・蓮根・金針菜の黒胡麻和え
○小豆レーズン黒胡麻のお菓子

でした。

実は私は血虚のコースは2度目の受講です。
前回の参鶏湯同様今回もお持ち帰りのため、自分のお弁当箱にもう入れてもらってあります。(上写真)家で待つ家族へのお土産として頂いて帰りました。f0168084_20503732.jpg

写真は、参鶏湯に入れた薬膳食材たち。

・クコ子
・当帰
・紅棗
・朝鮮人参

身体を温めてくれ、気を動かしてくれるものが中心です。



今回の私の一番のヒットは「小松菜・蓮根・金針菜の黒胡麻和え」でした。
これ!ボールにいっぱい食べたかったです。
さらにこれに私は柿をプラスしたい♪と先生に申し出ましたところ、アルコール摂取による肝の疲れなどの排出を身体が欲しているのでは??、という的確なアドバイスを頂戴しました。
はは〜。
ボージョレー・・・かな??

それは さておき、
金針菜は、精神不安の解消や、その鉄分の多さから血を補う力もあるたいへんよい食材であると教わりました。
今後の喜心の定食にも、そしてごはん会でも活用させていただきたい!!と思っています。

「大地の養血煮」は最後にすりおろした生姜もキチンと入れ!、
ふんだんに使った養血食材を活かし「甘味」と「しおからい味」を組み合わせ、血を留まらせる為の「酸味」で留まらせ、それらを分解し造血するための「辛味」を使用するという法則に従ったお料理でした。
ぐっと身体に血がみなぎった感じシマシタ。

マクロ薬膳の教室に通わせてもらう様になってから、自分の薬味辛味の使い方が何だか良くなった気がしてとても喜んでいます。


今年の最後の教室でした。
来年もとっても楽しみです。
善甫先生、一年間ありがとうございました。
                 愛を込め、☆☆☆
[PR]
by kishin-yk | 2010-11-20 21:33 | お勉強・研究 | Trackback | Comments(2)

「マクロビオティック薬膳研究会」体質別養生コース・テーマ『気虚陽虚』

2010/10/16(土)
「マクロビオティック薬膳研究会」体質別養生コース・テーマ『気虚・陽虚』に行ってまいりました。
中医学の考え方で、気の機能により普段動いている臓器の機能を低下させたり、巡りを悪くしたり、身体を温める機能を弱めたり、外部からの邪気の侵入を防止する力を弱めたり・・・等々してしまう、「気虚証」と言う症状の人が食べるとよいと考えられるお料理。
及びその気虚証を放っておいてさらに長引かせ悪くしてしまった症状の「陽虚証」(・・こちらになると、冷え・痛みの症候群が現れます・恐っ)の方が食べるとよいと考えられるお料理のお勉強でした!

美味しかったです!
陽虚までは行ってなくて、きっと気虚ではあると自己診断しておりますm(__)m。。
f0168084_1972491.jpg
お料理は、
○茴香ごはん(ういきょう=フェンネル)
○かぼちゃニョッキの胡麻味噌汁
○キャベツ・エリンギ・人参の胡麻和え
○インゲン豆とじゃが芋の鳴門巻き
 茴香ってういきょうって読んで、それはあのフェンネルのことで、さらに!!腎〜くる腰痛に良い!のだそうです!!!
 いっぱい良い事教えて頂け感謝ですm(__)m

 胡麻味噌汁めっちゃ旨☆でした♡「う〜ん、やばそう、これから私風邪ひくぞぉ〜。。」て時に飲むと治る可能性高し。との事。
 エリンギの入った胡桃和えも美味しい上に、肺と腎の滋養、潤いをくれるおかずなのでした!
 鳴門巻き巻きは生姜が絶妙にあってました!
 
 この研究会に通わせてもらうようになって辛味の薬味の旨さが身に沁みて知ることが出来ました。
本当に感謝しています。
身体にいいものって美味しいですよね。
全く。
f0168084_19172943.jpg陽虚向き。
○海老・韮・叩き長芋のお焼き
皆さん、一番美味しいかも〜♪とおっしゃってました。
わたしは菜食主義者暦が少し長くなってきて、本当に海老とか食べられなくなっていますので、母へのお土産です。
弱ったからだに力強く、迅速にパワーをくださるそうです。
叩くこと、温裏類の韮を加えること、助陽類の海老を使うこと、などなど温め力満載の薬膳料理ですm(__)m。

お邪魔するたびに研究会の教室はかわゆく、気持ちよい空間に進化していって居ます。
ますます大好き。f0168084_19233971.jpg
[PR]
by kishin-yk | 2010-10-16 19:36 | お勉強・研究 | Trackback | Comments(2)

「マクロビオティック薬膳研究会」体質別養生コース・テーマ『気滞血瘀』

2010/9/25(土)
「マクロビオティック薬膳研究会」体質別養生コース・テーマ『気滞血瘀』に行ってまいりました。
様々な理由から気の流れが詰まり、臓腑の働きを失調、血の流れも悪くなり、瘀血を伴う場合も。。
そういった証の人に向くお料理のお勉強でした。

血瘀までは行ってなくても、私は気滞ですよ!ずっと自覚していたので、今日の授業はとっても楽しみでした♪
人により症状は色々ですが、どの体質の方でも気滞は少しは患っているのでは、という先生のお話でした。全く体質の違う、母と私ですが、母の気滞症状のようなお話もあれば私の気滞症状の話もあり!でとっても面白く身になりました。
ありがとうございます。

で お料理は、
f0168084_2223994.jpg
○紅花ごはん
○いろいろキノコと長芋のドライカレー風
○車麩八角風味フライ 玉ねぎドレッシング
○当帰と韮のスープ
○花椒&陳皮の旬野菜浅漬け

全部、しっかり当てはまる美味しさ!最高〜っ☆☆という感じでした。

「旬野菜の浅漬け」はたっぶりの量をいただきましたが美味しくて!まだまだ食べたかったです。

普段韮をあまり好まない私ですが、当帰で出汁を取ったこの韮たっぷりスープは本当に美味しかった!
当帰はこの研究会にお世話になるようになってから、馴染みのあるようになった漢方食材ですが、女性にとって優れものなんです。
血を造り巡りを良くしてくれます。
美味しいと思う方には必要と言う事です。

ドライカレーもコリアンダーシードやクミンシードを石のスリコギでギリギリ潰し作りました。
干したキノコの旨味といい、シンプルなスッキリした材料なのに味わい深く大好きでしたぁ〜。
ほんとうに本日もどれもこれもストライク☆でした。

* * *

今回で体質別養生コースは終了なのですが、私は欠席もあったし、もう一度同じコースを受講させて頂く事にしました。

とても興味深い東洋医学の薬膳の知識の色々な要素を知る事ができ、ワクワク嬉々としているものの、、、
それらをつなぎ合わせ、しっかり理解する、となると全然自分のものに出来ていません。

もう一度教わってどの体質についても、しっかり身につけたい!!と思っています。
がんばります☆

* * *

あとね、
今週の月曜日の「喜心の料理教室」の報告を善甫先生がBlogに書いてくださったのです。
とっても嬉しかったので、
どうか皆様もご覧になってくださいませ。
第2弾企画も近々実現、とも書いて下さっています(//ω//)
[PR]
by kishin-yk | 2010-09-25 22:52 | お勉強・研究 | Trackback | Comments(0)

「マクロビオティック薬膳研究会」特別料理教室*ことことさん*

本日2010年7月26日(月)
「マクロビオティック薬膳研究会」特別料理教室に行ってきました。
今日は、加古川のMacrobiotic cafe ことことさんの料理教室+スウィーツ教室でした。
f0168084_2185020.jpg
いっつも美味しそうなブログを拝見し指をくわえておりますた。。

○胚芽米と麦ごはん
○トマト&キビスープ
○宝袋と夏野菜の炊き合わせ
○百姓屋敷わら風きんぴら
○菜っ葉キヌア和え
○茄子の甘酒味噌炒め
○三度豆の黄金和え
○きゅうりのQちゃん漬け

マスタークックで炊いたごはん!美味しかったです〜♪
大好きです。
今日の中の私のNo.1は「菜っ葉キヌア和え」!
「ほんま、なんぼでも食べられます。」とは善甫先生談。私も同じく思いました。
今度喜心でも作らせてくださいませm(__)m
それから「茄子の甘酒味噌炒め」と「三度豆の黄金和え」もとっても気に入りました。

f0168084_21131353.jpgスウィーツは、

○ココナッツスコーン 
○ちび黒豆入りビスコッティ
○リンゴ&ブドウのクラッシュゼリー

クラッシュゼリーのゆるゆる加減が最高でした。
甘味もベストで♪
スウィーツ私のNo.1は「ココナッツスコーン」でしたです。
ホロホロ加減とか甘さ加減とか、思い出したらまた食べたくなります。



ことことさん、
本日はたいへんお世話になりました。

素敵なお料理をたっくさん有り難うございましたm(__)m!
[PR]
by kishin-yk | 2010-07-26 21:15 | お勉強・研究 | Trackback | Comments(2)

「マクロビオティック薬膳研究会」体質別養生コース・テーマ『陰虚』/近鉄特急/オーサワジャパン。

2010/6/12(土)
「マクロビオティック薬膳研究会」体質別養生コース・テーマ『陰虚』に行ってまいりました。
おおまかに言うと、熱は普通にあるのだけど、水が足りないため、熱が余ってきているという状態になった体質のこと。
「実熱」ではなく「虚熱」がある状態。
一般に、お年を召すなどの理由から、「乾燥」している方によく見られる症状とのことです。
f0168084_23325541.jpg
○銀耳とセロリ粥
○豆腐蓮根帆立の茶巾蒸し 胡麻酢ソース
○キノコとアスパラのマリネ
○じゃが芋サラダ アボガドソース

清熱しながら、滋養も必要というパターン。
この体質は臓腑を潤す必要があり,そういったお料理です。
まずは、体内に滋養を与える為に食べたものをドカッと蓄積する様考えられています。
どれか一品がそういったお料理だと良いのですが、今回は全てが「陰虚」のためのお料理のため、相当ドカッと蓄積されました。
「なかなかな陰虚でない人には、蓄積されるよ!(笑)」との先生の予言通り(笑)。

個人的に私はビーガンなため、帆立の入った茶巾蒸しは、高確率で「陰虚」であろう我が母へのお土産にさせていただき、これまた個人的にアボガドが苦手と来ている私でもありまして、他は完食しましたが、なかなかシッカリどかん!と蓄積された感じがいつになく重くありました。

午後の授業中も「・・・押し流したいっ!」の思い強く、なかなか「陰虚」のための薬膳立法が思い浮かびませんでした。

でも現在はまだ、私は立派な陰虚ではなかったようで良かったです♪(年齢を重ねれば誰しもおそらく必ず向かえる症状だとか・・?笑)

今回私が好きだったのは、「キノコとアスパラのマリネ」。
手作り湯葉とアスパラ、焼きトマトが入って美味しかったです。
でも、それより一番美味しくむしゃむしゃ食べたのは「豆腐蓮根帆立の茶巾蒸し」の「添え」である、塩揉みきゅうりとわかめと胡麻酢ソース!!!
母はお土産の「豆腐蓮根帆立の茶巾蒸し」に大満足しご満悦でした。

f0168084_0115799.jpg
善甫先生が「面白いね〜♪」と教えて下さった私の今の症状は、清熱したく、便通を促したい!という症状。
まさに私・これ!!ですっ(笑)

私が今食べたいと欲する野菜の種類から、この答えをいただきましたが、これバッチリ当たりでございますm(__)m
恐れ入りました。

楽しくて、美味しくて、ためになる。
大好きな研究会です。


* * *

f0168084_01464.jpg
今日乗った「近鉄特急」は新しくて、
各席にこんな「コンセント」が付いていました。

あまり必要なかったのですが、
嬉しくて、iPhoneの充電しちゃいました。




* * *

それから、
今日はオーサワジャパンさんからの荷物も届きました。
陳列・整理完了しましたのでお味噌や穀物コーヒー、甘酒、ドライフルーツ等々お待ちいただていたお客様、どうぞお寄りになってください。

ご来店をお待ちしております。
[PR]
by kishin-yk | 2010-06-13 00:29 | お勉強・研究 | Trackback | Comments(2)

「マクロビオティック薬膳研究会」体質別養生コース・テーマ『血虚』と レーズンパン。

2010/5/22(土)
「マクロビオティック薬膳研究会」体質別養生コース・テーマ『血虚』に行ってまいりました。
気虚に年期が入って、症状が重くなっている状態。
「心血虚」というのが、身内に最適のサンプルが居てとても理解しやすかったです。
「うん、うん。」頷いてしまいました(笑)。
f0168084_22281988.jpg
○ひじき蓮根&ピーナツ海苔巻き
○参鶏湯スープ & ごはん入り
○長芋と人参のマリネ
○黒米し黒胡麻のお汁粉風

むふふ。
海苔巻きの大皿。。
喜心の定食に以前使っていたお皿を新教室で使っていただける事になり、送らせていただきました。
ここでこのお皿が使っていただけるの、本当に光栄で嬉しいのです。
善甫先生ありがとうございますm(__)m
この海苔巻き最高でした!
海苔に大葉にピーナッツ、あとおいしいヒジキ蓮根。
こりゃおいしくない訳ないです!!

そしてベジな私は参鶏湯は食べる事が出来ないのでそのままお持ち帰りという事でタッパーに入れさせてもらってます。
血を養う効果、鶏肉にはとても有るそうです。
とくに参鶏湯は体が弱っているときに精を補う力強い味方であるそうです。
皆さん、おいしいと仰ってました。
そして「暑い、暑い!」と。(笑)

マリネも皆さんにも大人気でした。
中でも、ひと工夫された人参が本当に美味しかったです。

f0168084_22283399.jpgそして、
デザート〜〜♪

これ素敵です。

こんなにヘルシーなのに、こんなに美味しい、というこんなスウィーツ大好きです。
これは、また是非ごはん会でもご紹介させていただきたい一品です。
どうぞ皆様ご期待くださいませ♪



* * *

ごはん会と言えば。
最近レギュラーでごはん会に参加して下さっているお客様。
お菓子教室を主宰してみえるのです。
いつも、その芸術的な作品を眺め目の保養をしておりました。
が、
f0168084_22284755.jpgなんと!!
私でも食べられる様にと、砂糖なし、レーズン酵母と塩で!こんな素敵なパンを焼いて来てくださいました♪
ふわふわ、モチモチでとっても美味しかったです。
喜心の皆で仲良く分け分けして大切に大切に頂きましたm(__)m
apprentiさんの優しい気持ちがすぅ〜と私の中に入ってくる素敵なパン、とっても美味しくて、とっても嬉しかったです。

本当にありがとうございました。
[PR]
by kishin-yk | 2010-05-22 22:38 | お勉強・研究 | Trackback | Comments(0)

マクロビオティック薬膳研究会・特別教室 & 4/21(水)喜心ごはん会

f0168084_23322964.jpg
行ってきました!
マクロビオティック薬膳研究会・特別教室
つぶらや さとこ先生 featuring 善甫 眞由子先生's 薬膳解釈☆(勝手に命名してスミマセンm(__)m!)

今月のテーマは
解毒・血液浄化・利尿・通便です。
効いてます!(笑)
いや、マジです。
全くもって「マクロビオティック薬膳研究会」からは目が離せません。

○押し麦入り玄米ごはん
○切り干し大根と干し椎茸スープ
○あらめと新玉ねぎの煮物
○葉野菜と海藻の和え物
○甘酒プリン・レモンバージョン

最高〜!!だったのは、「切り干し大根と干し椎茸スープ」。
飲み始めたら止まらなくなって途中でお椀を口から離し、机に置く!この作業の辛かったこと。
私の現在の体に素晴らしくヒットしていました。
普段ずっと温室育ちの私は、外のご馳走をいただいたりすると、やたらとコンディションの調整を体が要求してくるようです(笑)。
早速作ってまた飲みたいですm(__)m。
両方をことさら美味しく体験できること、幸せです!(どんだけ食いしん坊?)

いつも苦手なお酢、今回の「葉野菜と海藻の和え物」ではたいへん美味しくいただけました。
生姜が結構な量で入っていたことも効いていたそうです。
素晴らしいです!
絶賛です\(^o^)/
つぶらや先生。善甫先生。
今回もほんとうにありがとうございました。

* * *

4/21(水)「喜心の定食をいっしょに作って食べる ごはん会」の献立のお知らせです。

○雑穀&豆入り玄米ごはん
○キャロットジンジャースープ
○もちきびと野菜のオーブン焼き
○切り干し大根煮(別バージョン☆)
○ニラと凍り豆腐のチヂミ
○胡麻味噌味のぬた
○紅花と陳皮のゼリー 甘夏のジュレ添え

マクロビオティック薬膳研究会で教わった薬膳デザートを今回作らせていただきます。
研究会でいただいた時、その見た目の美しさも手伝ってか、本当に最後のひとかけらを食べてしまうのが勿体ない程おいしいものでした。
巡りを良くし瘀血の除去の効果をもつ薬膳デザートです。

「切り干し大根煮」も今回は別バージョンをご紹介します。
乳・油・塩・砂糖・粉もの・チーズなどの害を体からよりよく抜いてくれる、つぶらや先生直伝のクシマクロビオティック式の炊き方のご紹介です。



上記4/21(水)「喜心の定食をいっしょに作って食べる ごはん会」キャンセルがあり、ただいま一席空席があります。

次々回のごはん会5月の第一週めは、5/5が祭日に当たります為、会場が使えず第2週目に変更させていただきます。
こちら5月12日(水)にも、☆空席があります☆この日も上記と同じ献立になります。

リクエストもmixi喜心コミュニティなどで受け付けています。


★★★
「喜心の定食を一緒に作って食べるごはん会」(お料理教室のようなもの)開催中です。旬・根菜、穀物、乾物、天然醸造醤油・味噌で作るいつもの喜心の定食を皆さんと楽しくお料理、会食させていただいてます。
お知らせと記録
それ以前のごはん会
・日時 毎月第1第3水曜日10:00~14:00頃まで
・参加費 2500円(材料費込み)
・持ち物 エプロン、筆記用具

お家で作っていただきやすいお料理や常備菜をご紹介します。お申し込みはメール、または店頭にて。お一人でもお気軽にどうぞ。ご連絡お待ちして居ります。

mixi喜心コミュでもごはん会のことも色々話しています♪
どうかお気軽にご参加ください!

☆★
 喜心 ナチュラルベジタリアン
 e-mail y2828@oregano.ocn.ne.jp
 http://www9.ocn.ne.jp/~kishin/
blog: http://kishin.exblog.jp/
 〒516-0073 伊勢市吹上2-4-21
 TEL0596-26-2800               
               ★☆
[PR]
by kishin-yk | 2010-04-17 23:37 | お勉強・研究 | Trackback | Comments(2)

今年も味噌作り。

f0168084_21255828.jpg
今年も無事味噌作り出来ました。
今年も、わ菜園さんが麹をつけてもらって分けてくれる豆麹と米麹を使用。
大豆は岩手産無農薬大豆。
塩は「皇帝塩」。
作り方は去年と全く同じ。
毎年の記録を下記に記します。
去年一昨年一昨々年の味噌作りの様子。

* * *

ここで、「皇帝塩」について少々。
最近喜心ではこの塩を主に使ってお料理もさせてもらってます。

お味噌汁やスープの蒸し煮の時に使うと、味が見事に変わります。
ごはん会でも使っていますが、その当時喜心スタッフぴょんさんや、今もスタッフあゆみちゃんは直ぐに喜心のお味噌汁の味が変わったのを見抜き購入していかれた程です。
とても料理が楽に美味しく作れます。
お味噌作りにも向いています。
喜心でも取り扱わさせていただける様になりました。

1 食べて美味しい。味がまろやか。
2 ミネラル豊富な海水を天日干し。(人体の血液と非常に近い)
3 108個のセラミックの部屋を流れて、じっくり天日干しをする。
4 6ヶ月〜1年半くらい熟成させています。
5 人体の血液のPhは7.4であるが、皇帝塩も同じである。
(釜で塩を煮るとPh8〜Ph9.5と強アルカリ性になる)
6 食べると体液が浄化される
7 加熱していないので、海水の中の酵素が残っており、微生物を活性化し、食品の発酵(味噌・醤油など)を促進する。

ホームベージはこちらです。
[PR]
by kishin-yk | 2010-03-22 21:41 | お勉強・研究 | Trackback | Comments(2)