<   2009年 12月 ( 19 )   > この月の画像一覧

おせち仕込み三日め。

f0168084_23425558.jpg2009年12月30日。


今年も『裏ごし』ました。

喜心毎年恒例となった最終全員共同作業!です。(笑)

今年は智ちゃん、私、あゆみちゃんで頑張りました。
撮影者は母です。

このイベント(?)で一挙に仕込み作業の緊張した厨房空間が大笑いの場に変わります。


この日の仕込みは去年と同じお料理です。f0168084_23431413.jpgf0168084_23432679.jpgf0168084_23443198.jpgf0168084_23441693.jpgf0168084_23433877.jpgf0168084_2343577.jpg

しぐれ味噌とじゃが芋の重ね焼き・ベジミートボール(明朝甘酢あんと串を施します。)・ひえとかぼちゃの錦卵・栗きんとん・人参サラダ・豆腐の卵焼き風
。。。を作りました。

やはり重ね焼きには、大切な常備菜のなかのひとつ「しぐれ味噌」を使いました。
しぐれ味噌は、ごぼう・れんこん・人参・玉ねぎ・生姜に味噌をマスタークックで1時間炊き作りました。
昨年も好評でした。
福袋煮の中にもとても大切な常備菜、切り干し大根をもちきびと一緒に入れさせていただきました。
昨年より少しずつお味も工夫を凝らす事が出来たつもりです。

どうか元気が出る☆おせち料理になれますように。

f0168084_234444100.jpg店内を、詰め作業がはかどる様に片付け細々とした準備も整えました。


明朝は今年も4時からお料理を詰めます。

皆の協力に感謝し、そしてお客様の皆様のおかげで今年もおせちを作らせていただけることに感謝し、明日、大切に大切にお料理を詰めさせていただきたいと思います。
[PR]
by kishin-yk | 2009-12-30 23:57 | おせち | Trackback | Comments(6)

おせち仕込み2日め。 外宮さん。

2009年12月29日。

f0168084_2128462.jpgf0168084_21282132.jpg
今朝は仕込みの前に外宮さんにお参りさせていただきました。

とても気持ちよかったです。
今年いちねん無事に過ごさせていただいてありがとうございます、を心に思いながら柏手をパン、パンッと打って来ました。

清々しい仕込みの始まり。
肩が軽く、頭がクリアになれた そんな気持ち良さです。


さて、本日の仕込みの記録です。
f0168084_2129816.jpg
青菜・ブロッコリー・福袋煮(今年も切り干し大根ともちきび入り!)・筑前煮・凍り豆腐煮・木村さんのりんごで作ったアップルパイ

f0168084_21301143.jpgf0168084_21304035.jpgそれから、
・里芋煮・ゆば巻き豆腐
。。。を作りました。

今年のニューフェイスは「ゆば巻き豆腐」☆
お豆腐に生麩、人参、椎茸などを入れ湯葉で巻き煮ました。
そして今年も「木村さんのりんごで作ったアップルパイ」を無事おせちに入れる事が出来ました〜!うれしいぃ。。
今年は残念なことに木村秋則さんからの便が一度きりしか届かなくて、わざわざお問い合わせいただいたお客樣方にもりんごをお分けすることが出来ませんでしたm(__)m
その一度きりの便で届いた紅玉をまずはおせち用にと無水鍋で炊いて冷凍保存させていただき、ここで今回ご用意させていただく事が出来ました。
とても美味しく焼き上がりました。
福袋煮や里芋などの煮物類の炊きあがり、今日もわたしはたいへん気に入っています。
どうか皆様が楽しんで召し上がってくださいますよう。

昨年の仕込み2日めの様子はこちら

* * *

早いなぁ〜☆
あすはもう、仕込みの最終日です。
智ちゃんも参戦してくれます。
あしたも皆様に喜んでいただけ楽しんでいただけるものお作り出来ますよう!皆で団結して頑張ります☆

今日もせっせといっぱいお料理してくれたあゆみちゃんと母に感謝m(__)m & love
[PR]
by kishin-yk | 2009-12-29 21:42 | おせち | Trackback | Comments(0)

おせち仕込み第一日め。

f0168084_19585114.jpg2009年12月28日。
仕込んでおります☆

順調です。
全てお味にもとても満足させてもらっていますm(__)m

上から小豆羊羹・かぶの紅白千枚漬け・椎茸と手綱こんにゃく・柿なます・黒豆・蓮根梅和え・昆布巻き・梅酒寒天 です。

今年は「柿なます」を一日繰り上げて仕込みました。

「黒豆」さん今までで一番素敵に炊きあがりました。これ!とっても嬉しいです。

「椎茸と手綱こんにゃく」と「ごぼうの昆布巻き」の味も嬉しい仕上がりに。

昨年の仕込み一日目の様子はこちら

f0168084_2013638.jpg
それから「梅酒寒天」バージョンアップしました。

お味も変わりましたが、干し柿をシナモンスティックとりんごジュースとラム酒で炊いたものも一緒に固めました。

干し柿は三日月形です。
梅酒の梅が太陽。

太陽と月をイメージしたつもり(笑)。

最終日にお料理を詰めるときに彩りを添えてくれるお花や
葉欄も無事確保できました。f0168084_2014735.jpg


あすの仕込みは沢山です。
ふつかめリズムに乗ってさらに楽しんで、そして集中し心をこめてお料理させていただきたいと思います。

今日の仕込みを手伝ってくれた母とあゆみちゃんに愛と感謝☆

さてこれから、今日やった事の復習と明日の予習を行います!(嬉)
[PR]
by kishin-yk | 2009-12-28 20:12 | おせち | Trackback | Comments(2)

今年締めくくり定食。今年のこと。無事おせち作り突入。

f0168084_22484822.jpg
2009年12月27日。
今年最後の定食は「醤油葛あんの蒸し物定食」にさせていただきました。

○ベジクリームシチュウ
 やはり油も小麦粉も米粉もつかわないクリームシチュー。
 白菜・昆布・玉ねぎ・人参をマスタークックで蒸し煮。
 そこへいつもの様にごはんで作ったクリームを合わせてシチューに仕上げました。
 Himesharaさんから、自家製野菜のとっても緑の濃いお〜いしいチンゲンツァイを頂いたので、合わせたくて、このシチューを作りました。
 素敵にマッチしてくれました。
 Himeshara素敵ファミリーの皆さん本当にありがとうございますm(__)m感謝です。

○醤油葛あんの蒸し物〈大根&とろろ芋饅頭〉
 カノウユミコさんの「菜菜ごはん」のレシピを参考に作らせていただきました。
 大根もとろろ芋もとっても美味しいこの季節に持って来い☆のレシピです。
 会席料理のようね、とお客様も喜んでくださいました。
  
○テンペ野菜サラダ
 今日も茹でたテンペを生野菜と合わせたサラダです。
 キャベツ・人参・大根を生で。
 ドレッシングはオレンジジュース・りんごジュース・醤油・梅酢・レモン・胡麻油・生姜汁・すり胡麻で作る、いつもの定番です。
 とても気に入っています。

○切り干し大根の煮物
○ひじき蓮根
○かぶ葉の胡麻和え

○さつま芋と胡桃の胡麻クリーム和え

○かぶの千枚漬け&キャベツと人参の浅漬け

ごはんとお味噌汁の間にあるのが、
○里芋マッシュサラダ
 自家製柚子ポン酢で。 
  
○黒米ともちきび入り分搗き米のごはん(か、大豆と丸麦入り・もちきび入り玄米ごはん)
○蒸し煮のお味噌汁

* * *

今年は自分が前に進む事ができた年だと思います。

まず今年は、春3月からマクロビオティック薬膳研究会に通い始めることが出来ました。
正食協会の師範を卒業後、喜心とごはん会に、協会で学んだことを活かし皆さんと進んできました。
わたしはベジタリアン、ビーガン、正食、マクロビオティックのお料理を自分の体で体験しました。
年数を重ねるごとに、変化する自分の体に納得する事、疑問に思う事が出て来ました。
変化の理由は食べ物からの影響だけではもちろん有りません。
ヨーガや東洋医学の治療、自分の心の動き方、年齢、生活状況の変化。その他様々な要因が重なって変化します。
自分の体だけでも、疑問はいっぱい。
さらに両親が違う、赤ちゃんのときから摂って来た食物が違う、母親や父親が摂って来た食物も遺伝的な体の要素も違う、環境も、体も大きさや、日々の労働も全く違う、そんな自分でない他の人の体への食べ物の影響力などについては、疑問だらけです。
ですが、こういう事に私はとても興味があります。
マクロビオティック薬膳研究会に通うように成って良かったです。
正食協会とクシマクロビオティックと薬膳。
これらの違いやそれぞれの良さを学ぶ糸口をいただけました。
東洋医学の知識については治療院、ヨーガの先生から折に触れお話をいただけます。
私自身は専門的に詳しくはないですがとても重要で繊細なことであると感じ興味を持ち、勧めていただいた事はなるべく実行しています。
私の個人的な話で恐縮ですが、いつもお世話になっている御薗治療院の先生のご指導もあり、またマクロビオティック薬膳研究会の善甫先生のお話からもそう伺うことが多かったので、油を極力控える食事をここ何ヶ月か続けています。
すこぶる調子がいいです。
以前と比べると幾分か顔色が良くなり、肌にツヤが出て来ました。
様々な要因(生まれつきの体質・子どもの頃からの食事等)がそうさせていたのだと思います。私に油を抜く食事が今とても合っているように思います。
この事に気づけたことに大変感謝しています。
これからどのように変化するのかも楽しみです。
ベジタリアンやマクロビオティック等何でもひとつに偏り過ぎることの危険性も感じて居ます。
また、ヨーガの楽しさも朝に夕に、噛み締め、これに心助けられています。

これからもっともっと様々な方向から様々なことを知って行きたい思っています。

今年は最終的には、油と小麦粉をあまり使わず、楽しみに時々楽しむ形にしてすすめていきたいな。とそう思っている年の暮れです。
とても心が穏やかで平和であります。
今わたしが有る事に感謝しています。

* * *

そして今年も無事、おせち料理に突入できる事になりました。
喜心をかわいがってくださる皆様あっての事です。
たいへん感謝しています。
今年も本当に本当に皆様、ありがとうございました。

f0168084_2257965.jpg今日は、例年通り、少しずつ下ごしらえを。
記録させてくださいね。
・黒豆を煮汁に浸し、
・豆腐チーズを作るべく、今年作ったお味噌でお豆腐をくるみました。(写真なし)
・どんこ椎茸を浸水しました。
・小豆も浸水しました。


明日28日から30日まで、喜心にて一日中おせち料理を作っています。
お食事は出来ませんが、お買い物はしていただけますので、お近くにお越しの方は是非お寄りになってくださいませ。

さぁ!
明日から緊張感ある、おせちとの日々。
醍醐味も。

ありがとうございますm(__)m
[PR]
by kishin-yk | 2009-12-27 23:07 | おせち | Trackback | Comments(4)

かぼちゃのベジホワイトソースグラタン

f0168084_18503291.jpg
○白菜やブロッコリーの和シチュウ
 昆布と冬瓜、白菜、大根をマスタークックで蒸し煮。
 別鍋で五分搗き米でお粥を作り、出来上がりをドロドロになるまでミキシングします。
 さらに別鍋にて玉ねぎ、じゃが芋、ローリエをひたひたのベジブイヨンで煮込み、こちらもミキサーにかけます。
 みっつを合わせて、粉類と油を使わないクリームシチューの完成です☆
 これを考案してから、小麦粉を使ったシチューやグラタンを作る回数がぐっと減りました。

○かぼちゃのベジホワイトソースグラタン
 こちらのホワイトソースももちろん粉類なし、油なしで作っています。
 かぼちゃとソースが甘すぎるくらいでしたので、胡椒で味を引き締めました。
 
○テンペ野菜サラダ
 今日は茹でたテンペを生野菜と合わせたサラダにしました。
 キャベツ・人参・大根を生で。
 ドレッシングはオレンジジュース・りんごジュース・醤油・梅酢・レモン・胡麻油・生姜汁・すり胡麻で作る、いつもの定番です。
 コレ、夕ご飯に大皿でいただきました(笑♪

○切り干し大根の煮物
○ひじき蓮根
○かぶ葉の胡麻和え

○さつま芋と胡桃の胡麻クリーム和え

○かぶの千枚漬け

ごはんとお味噌汁の間にあるのが、
○里芋マッシュサラダ
 自家製柚子ポン酢で。 
  
○大豆と丸麦入り・もちきび入り玄米ごはん(か、黒米ともちきび入り分搗き米のごはん)
○蒸し煮のお味噌汁


今年の通常営業も残すところ あと2日になりました。
3日後からはおせち料理作りに突入です。
今年も喜心ファミリー皆燃えています!
大いにがんばりまするぅ〜m(__)m!
[PR]
by kishin-yk | 2009-12-25 18:50 | おかず | Trackback | Comments(0)

明日の野菜たち。とテンペ。

〈中西健康農園さんから〉
・玉ねぎ ・じゃが芋 ・ごぼう ・蓮根 ・人参 ・キャベツ ・大根 ・法蓮草 ・ねぎ ・ブロッコリー ・かぼちゃ ・里芋 ・さつま芋 ・にら  ・生姜 ・チンゲンツァイ ・かぶ ・いんげん ・パセリ ・切り干し大根 ・生姜 ・セロリ 
〈わ菜園さんから〉
・小松菜 ・壬生菜 ・かぶ ・水菜 ・かぼちゃ ・大豆 ・赤いかぶ・パクチョイ ・白菜 ・キャベツ ・法蓮草
の予定です!
今週もどうぞよろしくお願いしますm(__)m

* * *

f0168084_14401365.jpgとっても美味しい冷蔵品の「国産特別栽培大豆使用のテンペ」を入荷しました。
いい材料でとても丁寧に作られているテンペです。

先日このテンペを使い豆とテンペのサラダを作ってみましたら想像以上にこれがとても美味しく、お客様や家族にも好評でした。
作り方はサラダの文字をクリックしてくださいね。

テンペはよく甘辛く味付けて油で焼いたり揚げたりするレシピが有名ですが、茹でて手巻き寿司にしたり、あと酢豚風に料理したりと色々使えます。

私もこれを機に、楽しみに色々作らせて頂こうとわくわくしています。またこちらでご報告させてくださいね。
[PR]
by kishin-yk | 2009-12-23 14:55 | 情報 | Trackback | Comments(3)

3種豆と野菜のミネストローネ

f0168084_14555510.jpg
○3種豆と野菜のミネストローネ
 3種のお豆さんは、白花豆、緑レンズ豆、ひよこ豆です。
 玉ねぎ、干し椎茸、かぶ、じゃが芋、人参、セロリを蒸し煮して作りました。
 なぜかビーフ風味に仕上がるミネストローネ。
 温め直す時に別茹でしたかぶの葉を加えます。
 かぶの葉のほろ苦さがとてもマッチします。
 私はこれをごはんにかけて食べるのが好きです。

○大根カツ〈コウフウ挟み揚げ・人参ソース添え〉
 蒸して揚げた大根の旨味に皆様驚いて下さいます。
 
○ブロッコリーの胡麻和え
 今ブロッコリーを欲しているのは私だけ?

○かぶ葉の胡麻和え
○ごぼうこんにゃく(ピリ辛です。)
○切り干し大根の煮物

○かぶの千枚漬け

ごはんとお味噌汁の間にあるのが、
○春雨やあらめの炒め合わせ
 生姜で香り出し後、パクチョイと人参とあらめを炒めお醤油味でまとめます。
 熱々を茹でた春雨と和えて出来上がり。
 焼き海苔をちぎって乗せました。
 この春雨は国内産。
 はと麦が配合されていてぷりぷり、しっかりした食感なのが人気です。 
  
○小豆と大豆と丸麦入り玄米ごはん(黒米ともちきび入り分搗き米のごはん)
○蒸し煮のお味噌汁


今日から年末モードに入られた方が多いのでしょうか。
急に静かな喜心となりました。
[PR]
by kishin-yk | 2009-12-22 14:58 | おかず | Trackback | Comments(0)

メープルレモンケーキ。

f0168084_22111818.jpg
けっこう、しっかり酸味もあります☆

最近のスウィーツ、他には

『米粉入り蒸しケーキ・干し柿とポンセンクリーム添え・』や
『柿ともちきびのパイ』
『玄米プディング』
『ポンセンクリームとケーキのパフェ』
『甘酒アイスクリーム』
『キャロブとココアのケーキ』
『胡桃といちじくのケーキ』

などを、ご用意していますm(__)m♪
[PR]
by kishin-yk | 2009-12-18 22:17 | おやつ | Trackback | Comments(0)

トマトライスキッシュ。豆とテンペのサラダ。

f0168084_1722554.jpg
○白菜とお米のポタージュ
 白菜と昆布と玉ねぎ、大豆を蒸し煮し、5分搗き米のおかゆを玄米クリームのように炊き、これらを合わせポタージュに仕上げました。
 乳製品なしでもクリーミィに出来上がります。

○じゃが芋と玄米トマトライスのキッシュ
 蒸しじゃが芋の台。
 玄米、ひよこ豆、玉ねぎ、人参、いんげん、トマトソースの具。
 ソースは炊いたもちきびです。
 ほんの少しのオリーブオイルとハーブでイタリアンな香りです。
 
○ゆばと野菜のサラダ
 大根、レタス、人参、水菜。
 棒ゆばと白すり胡麻。
 ドレッシングは喜心の定番ドレッシングの中のひとつ。
 オレンジジュースベースにお醤油や生姜、梅酢にレモン汁などを合わせて作ります。

○壬生菜の胡麻和え
○ひじき蓮根
○切り干し大根の煮物

○かぶの千枚漬け

ごはんとお味噌汁の間にあるのが、
○豆とテンペのサラダ
 金時豆と白花豆を茹で、熱いうちに〈梅酢漬けのみじん切り玉ねぎ〉と和えます。
 冷めてから、さっと茹でたテンペ(ほぐしたもの)とパセリと生の赤いかぶも混ぜ合わせます。
 少しのオリーブオイルを振りかけ、塩胡椒、梅酢、レモン汁で味を整えました。
  
○黒米ともちきび入り分搗き米のごはん(玄米の方は小豆と大豆と丸麦入り)
○蒸し煮のお味噌汁

* * *

毎日楽しみに色々なお皿に盛りつけさてもらっています。
お客様がとても喜んでくださるのが本当にしあわせです。
ありがとうございますm(__)m
洗い物が増えても喜んで片付けてくれているあゆみちゃんにも大きく感謝♪
[PR]
by kishin-yk | 2009-12-17 17:25 | おかず | Trackback | Comments(0)

明日の野菜たち。

〈中西健康農園さんから〉
・玉ねぎ ・じゃが芋 ・ごぼう ・蓮根 ・人参 ・キャベツ ・大根 ・法蓮草 ・ねぎ ・ブロッコリー ・かぼちゃ ・里芋 ・さつま芋 ・にら  ・生姜 ・チンゲンツァイ ・かぶ ・いんげん ・パセリ ・切り干し大根 ・生姜 ・セロリ 
〈わ菜園さんから〉
・小松菜 ・壬生菜 ・かぶ ・水菜 ・かぼちゃ ・サラダミックス ・大豆 ・赤いかぶ ・チンゲンサイ ・パクチョイ ・レタス ・白菜 ・キャベツ
の予定です!
今週もどうぞよろしくお願いしますm(__)m
[PR]
by kishin-yk | 2009-12-16 14:40 | | Trackback | Comments(8)